SOTOスライドガストーチがつかない時(不具合)の対処法はこれだ!

キャンプギア
スポンサーリンク

こんばんは!
今回はSOTOのスライドガストーチ(ライター)を使っていて、火がつかないことがありましたが、個人的に対処法を見つけたのでご紹介します!
記事自体は短めです。

まず最初に確認すること

火がつかないと思って、最初に確認することは、ちゃんとガスは残っていますか?です笑

当たり前ですが、ガスがあることをまず確認しましょう!

ガスは出ていますか?

つまりなどが原因でガスが出なくなることもありますが、シューーーーっと音が出ていますか?

ガスが出ていないと当たり前ですが、つきません。

もしガスはあるのに、出ていないとなれば、つまりや何かしらの原因があるので、ここはおとなしく修理に出しましょう。

SOTO/新富士バーナー株式会社
上から問い合わせてみましょう!

火花は散っていますか?

カチッとした時に火花は散っていますか?
※火花をチェックするときは、遠ざけるなどして、注意をして確認してください。

これも火花が散っていないとつくことはなので、修理に出しましょう。

火力レバー(つまみ)はどこの位置なっていますか?

火力レバーはどの位置にありますか?
久々に使う時などはマイナスになっていると、点きが悪いことがほとんどです。

火力レバーを最大限プラスにしてあげると結構つきます!

MAXにしてもそこまで火力が強くなることはないので、あまりビビらなくても大丈夫です。
せいぜいライターですので。

風は強くありませんか?

風が強いと点火するはずのガスが流れていってしまいますので、

・風上に体をおく
・手で風を避ける
・テント/タープ/壁など風が来ないところに行く

などして対処してください。

本体は冷えていませんか?

パワーガスでも冷えているとガスが気化しにくくなるので、手などで本体を温めてあげましょう!

標高は高くないですか?

パワーガスを入れていることと思いますが、万が一、違うものを入れているとしたら、標高のせいで気化しにくくなっているかと思います。
パワーガスであればよっぽど冬山の高所などではない限り、ここは気にしなくても大丈夫かと思います。

最後に

カチッとする時に一瞬ガスを出してからカチッとすると点火するガスの範囲が広がってつきやすくなります。
(半押ししてガスを出してから、点火)
↑結構大事です!点けるときのコツ!

風の強い日なんかは、要注意ですね。

あとは、当たり前ですが、ちゃんとロックは解除してくださいね笑

ここまできて(ガスも出てて、火花も出てて、火力もMAX)ダメだと何が行けないのかサッパリですので、新富士さんにお願いしましょう。

それではまた次回!

次は何書こうかなー!

コメント