キャンプで鍋敷きって何使ってる!?素材別におすすめをご紹介!

キャンプギア

こんにちは!
今回は鍋敷き!

いろんな材質の鍋敷きを使いましたが、色々使って思ったことを記事にしたいと思います!

スポンサーリンク

鍋敷きってどんな種類があるの?

まず鍋敷きにどんな種類があるか!

  1. シリコン
  2. コルク
  3. 金属
  4. ウッド

大きく分けるとこんなところかと思います!

ではそれぞれの特徴をご紹介していきます!

シリコン

シリコンですが、100円ショップなどでも用意に手に入ります!
シリコンはとうの昔に捨ててしまって写真がないです笑

メリット

  • 安い
  • 軽い
  • かさばらない
  • 洗える
  • 滑らない

デメリット

  • デザインがイマイチ
  • かっこいいというよりは可愛いイメージ

カラフルなものが多いシリコンですが、メンズの私からしたら、シンプルでかっこいいものが少ない。
そんなイメージです!

一番初めに買った鍋敷きはシリコンでした!
ただ、100円ショップのものはかなり薄く、熱々のものだとちょっと不安になる厚さでした!

シリコンはかなり手軽で、洗ったりも容易にできます!

かっこいいものをオススメしてる自分的にはこちら!

最安値だとカラフルなやつで、こんなやつ。

コルク

次にコルク!
加工しやすいので、こちらも100円ショップでも購入できます!

メリット

  • 安い
  • シリコンよりはオシャレ感が出る

デメリット

  • 熱々だと焦げることもある
  • 洗えない
  • 使ってくるとポロポロ表面が剥げてくる

次に私が買ったのはコルクでした!
スキレットなどと見た目の相性がいいのですが、しばらく使っていると、表面がポロポロと…

100円ショップで買ったのが原因かもしれません。
ウッド調だったり、コットン幕を使っている人は相性がいいかと思います!

金属

続いては金属製品の鍋敷きです!

こちらは見た目に惹かれ、ダルトンで購入しました!
執筆時現在はまだ販売しています!
勝手に鉄だと思っていましたが、アルミ製らしいです。
鉄にしては軽いなと思っていました笑

メリット

りゅうちぇる
りゅうちぇる

かっこいぃぃぃぃぃぃ!!!

これに尽きます笑

デメリット

  • 他に比べ重い
  • 鍋敷き自体が熱くなる
  • 足がついているものが多いが、足が取れる笑

オートキャンプなので、重さはそこまで気になりませんでしたが、鍋敷き自体が熱くなり、移動させようとした時にまんまとヤケドしました笑

また。熱くなるので、足にシリコンなどもゴムが付いていることが多いですが、その足がよく取れたので、接着剤でくっつけました。

ウッドテーブルなどにおくと、焦げたりする可能性がありますので、注意が必要です!

ウッド(木製)

最後にウッド製で!
今はこのウッドに落ち着いています!

メリット

  • かっこいい
  • 熱くならない

デメリット

  • 洗えない

価格も比較的良心的なものが多いです。
くり抜かれているタイプだと、重さもほとんど気になりません!
むしろ軽いです!

洗えないと書きましたが、コーティングはされているので、汚れもウェットティッシュなどで拭けば取れますね!

個人的な意見ですが、
シリコンはあまりかっこいいと思えず、
コルクは耐久性が悪く、
鉄はヤケドして、
ウッドに至りました笑

このほかにも、毛糸で編んだようなものや、植物などで編んだようなものもございます!

それぞれ一長一短、あなたの好み、サイトにあったものを選んでみてください!

ウッド使ってますが、最近コンパクト化を目論んでウッド製品が少なくなってきたので、黒のシリコンもいいなぁと原点に帰ってきた今日この頃です笑

キャンプって色々なところにお金かかりますよね〜笑

永遠に沼ですよwwwキャキャキャ

では、ま・た・ね!