Gore-Tex復活!アウトドア専門クリーニング(droproof)を利用してみた!

アウトドアファッション

ノースフェイスのマウンテンパーカーを5年ほど前に購入して、大事に使ってきました!

定期的に防水スプレーを使ったり、NIKWAXも使って手入れをしていました!

NIKWAX | 株式会社エバニュー
NIKWAXはウエアやシューズ、ギアを洗浄、耐久撥水加工できる防水製品です

NIKWAXは一度使うと、綺麗にもなりますし、しばらくは防水機能も復活させることができます!
しかし、購入から5年ほど経っていると、自分じゃなかなか復活させることが難しくなってきました…

NIKWAXもそれなりにお値段がするので、前々から気になっていた、「そらのした」がやっているdroproof(ドロップルーフ)というサービスを使ってみることにしました!

▼ダウンのクリーニングも出しましたので、よろしければどうぞ!

ダウンジェケットは洗濯よりクリーニング!?ドロップルーフの撥水が評判通り!
こんにちは! 今回はアウトドアブランド(ノースフェイス)のダウンジャケットをドロップルーフに出してみました! 以前、Gore-Texの記事も書いていますので、こちらも合わせてどうぞ。 ...
スポンサーリンク

そらのしたって?

アウトドア専門クリーニング&撥水加工サービス「ドロップルーフ」
〜 アウトドアギアメンテナンスのプロ「そらのした」の経験と技術を結集し生まれた、撥水加工&クリーニングサービス〜

アウトドアを中心にいろいろなサービスをやっているところです!
詳しくはWEBサイトを見てみてください!

その中のdroproof(ドロップルーフ)というクリーニングサービスを利用してみました!

まずは申し込み

所定の項目を入力して、発送します!
最後に防水加工や、クリーニングをしたことがあれば記入してください!と明記されています。

過去にやったことがあると、撥水加工がうまくいかないことがあるそうです。

それを克服するために研究をしたのだとか!

こちらで送料を持って発送します

どこでも構わないようですが、商品を送ります!
着払いで送らないように!

するとチェックをしてくれて、メールが届きます!

ここに汚れがありますよー!
というのを送ってくれます!

破れていたりするとそこもチェックしてくれるようです!
トラブルを避けるためかな?

このチェックを見て、同意するとクリーニングが始まります!

終わると発送通知がきて到着!

通知が送られてきて受け取りとなります!

撥水効果が気になりましたので、検証してみました!

ゴアテックス復活!?実際の効果は!?

パッと見はあまりわかりませんが、少し柔らかくなった印象です!
匂いもなく好印象です!科学的な匂いではなく、清潔な匂いがします!

近くて見てもよくわからないですね笑

では水をちょっと垂らしてみました!

コロコロです!!!!

水を垂らすと新品かのようにコロコロ転がっていきましたよ!!!

防水スプレーなんかじゃここまで撥水してくれません!!!

素晴らしい!!!

1年に一回はクリーニングを推奨していましたので、1年後あたりにまた使ってみようかと思います!

1年後にどこまで撥水を保ってくれているかも検証したいですね!

弾水コーティングを長持ちさせるために

ドロップルーフさんよりケアの方法が書かれている紙も同封されていました。

撥水性は永久的なものでなく、使用頻度や利用後のケアによってその寿命が大きく異なります。
弾水コーティングをより長持ちさせるために、下記の方法をよく読みご愛用ください。

とのことです。

その1

摩耗箇所は一時的に撥水性が失われます。
我々の処理する弾水コーティングも完全ではなく、ザックのショルダー部分など、擦れる部分は撥水性低下の要因となります。
但し、摩耗している部分であっても完全にコーティングが剥がれるわけではなく、コーティングの組織が崩れているだけの状態であることがほとんどです。
「その2」で説明する処理を行っていただくことで撥水性を回復させることができます。

その2

使用後はしっかりと乾燥させる。
見た目は撥水されていても、実は生地表面は少しずつ水を含んでいきます。
GORE-TEXの場合、生地表面に水が含んでもGORE-TEX層が水を通さないため、浸水はしませんが、長時間の水にさらされることで生地表面の保水量は大きくなっていきます。雨にさらされたレインウェアは撥水性を保っていながらも微量ながら保水しています。
しっかりと自然乾燥を行った後に熱風乾燥を20-30分ほどかけてください。
(濡れている状態で熱風乾燥しても効果が回復しません)熱を与えることで撥水性を長持ちさせることができます。

その3

適度な洗濯。但し洗剤は通常の半分でよくすすいでください。
洗濯時の洗剤は、生地表面を保水させる成分が多く含まれております。この洗剤の残骸を家庭では取り除くことが困難で、結果として洗剤の残骸による撥水性の低下が進んでいきます。
適度に洗濯を行うことは良いことですが、洗濯をする際は洗剤を普段の半分で、かつ、すすぎは3回行い、洗濯後は「その2」で記載した処理を行ってください。

その4

1シーズン使用後は再度コーティング処理をお勧めいたします。
弾水コーティングも使用の度、少しずつ剥がれていったり、劣化していきます。1年使用したら再処理を行うことをお勧めいたします。
再処理により既に撥水性がある部分に対しても、耐久性がより強くなることも期待できます。

以上になります!

▼ダウンのクリーニングの記事も合わせてどうぞ!

ダウンジェケットは洗濯よりクリーニング!?ドロップルーフの撥水が評判通り!
こんにちは! 今回はアウトドアブランド(ノースフェイス)のダウンジャケットをドロップルーフに出してみました! 以前、Gore-Texの記事も書いていますので、こちらも合わせてどうぞ。 ...

では!