Amazonのキャンプランキングを見る ▶

変幻自在!38exploreのZEROPOD38とゴールゼロの相性が抜群!

38explore-ZEROPOD38-thumbs

今回はギミックが詰まったコンパクトなランタンスタンドZEROPOD38!

発売から入手困難が続いている大人気アイテムです!

スポンサーリンク

38explore|ZEROPOD38

ZEROPOD38 | 38explore powered by BASE
ZEROPOD専用の手のひらサイズのランタンスタンド。ノーマルカラーの黒です。※ZEROCAPをご自身でご手配お願いします。※Goal Zero LIGHTHOUSE microは付きません。※再入荷等の個別のお問い合わせには、お答えいたしかねます。 ご了承下さい。
38mm
高さ104mm
重さ138g
材質アルミ・真鍮

ゴールゼロのマイクロフラッシュと同じサイズ感!

重さは実測で約140gでゴールゼロのマイクロフラッシュ(約80g)よりも少しずっしりとくる印象

アルミ削り出しで作られているためとても精巧です!

商品ディテールをチェック!

38explore-ZEROPOD38

オンラインで発売されるとあっという間に無くなるか抽選が多いですが、実店舗ではちょこちょこ見かけることもあります!

透明のパッケージに入っていますので、見つけた際は即購入しておくことをオススメします!!!

自立可能ですが少し不安定

38explore-ZEROPOD38

自立はしますが、少し不安定です。
と言っても置いておくだけの使い方はあまりしないと思います。

飾っておきたい人は少し置く場所などに気をつけたほうがいいかもしれません!

自分も飾っておきたいくらいです笑

3本のシャフトが本体に収納可能

38explore-ZEROPOD38

3本のシャフトがありますが、全てを本体に収納することが可能です!!!

両ネジはクランプのつまみ部分に収納!

もうこの時点でギミックに興奮です。

クランプは厚さ約40mmまで対応

38explore-ZEROPOD38

テーブルなどに挟むためのクランプは厚さ約40mmまでに対応しており、よほど厚みのあるものでない限り多くのキャンプ用品はカバーできていると思います!

40mm以上はあるので40mmの天板は間違いなく入ると思います!
ツーバイ材などでもOKそうですね!

TOPに4箇所のネジ穴

38explore-ZEROPOD38

ここの4つのネジ穴にシャフト+両ネジを使ってトランスフォームしていきます!

実際の使い方を紹介していきます!!!

実際の使い方

38explore-ZEROPOD38

実際に使う際はライトに三脚用のネジ穴があることが条件になります!

インアバンス_ZERO_CAP

ゴールゼロのマイクロフラッシュやレッドレンザーのML4などを使用する際はinavanceのキャップ(ZERO_CAP/LED_CAP)が必須です!

キャンプに欠かせない大人気のINAVANCE(インアバンス)ギアがすごい!
今回ご紹介するのは、INAVANCE(インアバンス)の商品です! りゅう インアバンスってブランド知ってますか? 見た目も機能も素晴らしく、SNSなど...

使い方①:テーブルに挟んでランタンスタンド

38explore-ZEROPOD38

まずはシャフトを繋げてテーブル等にセットします!

38explore-ZEROPOD38

シャフトの先端に両ネジを取り付けてお好みのライトを取り付けたら完成です!

38explore-ZEROPOD38

シャフトは1本や2本で使用してもOK!

38explore-ZEROPOD38

シャフトを0本で両ネジだけ使うこともできます!

この写真のような使い方だとそのままライトを置いたほうがいいかもですね笑

38explore-ZEROPOD38&CLAYMORE

ルーメナー2やCLAYMOREのライトを固定したい時などに使えるかもしれません!

※照明の向きを調整したりすることができないので注意してください。

自由雲台などを使えば調整可能になりますが、ライトの重さには注意してくださいね!

使い方②:シャフトに角度をつけて使用

38explore-ZEROPOD38

シャフトを中心のネジ穴ではなく周りのネジ穴に取り付けることで、真上ではなく少し斜めにシャフトが伸びることから照らす範囲を調整することができます!

この使い方はこの後紹介するオプションパーツを使用する時に活躍します!

使い方③:三脚として

38explore-ZEROPOD38

先ほどの斜め仕様の3箇所に1本ずつシャフトを取り付けることで三脚として使用することができます!

38explore-ZEROPOD38

このとき両ネジを収納していた部分がTOPにくるのでここにライト等を取り付けることで使用します!

初めて触れた時にはこのギミックに感動しました…涙

オプション品:ASINOHOOK

ASINOHOOK

商品が見つかりませんでした

2021年のGOOUTCAMPで初めて実物を見て感動したこちら!!!

ASINOHOOK

更にギミック感がアップですよ!!!

抽選でGETすることができました!!!

ASINOHOOK

シャフト1本と同じ大きさのフックです!

ASINOHOOK

とういうことは本体に収納することができるのです!!!

凄すぎですよね!!!

ASINOHOOK

このフックを使用することでゴールゼロのマイクロフラッシュなどをZERO CAPなしでも使用することができるようになります!

ASINOHOOK

シャフトを垂直につけても使用可能ですが、フックを使用する場合は先ほどの斜めつけるパターンのほうが使いやすいかもしれません!

※耐荷重200gなので、重いライトは注意が必要です。

ASINOHOOK

収納するときは根元のネジがロックスリーブになっているので、フックが飛び出たりしないようになっております!

ASINOHOOK

また、フックとして使う時にはフックの向きを調整するためにも機能します!

ASINOHOOK

向きを決めたら根元に向けてロックスリーブを調整すればOKです!

なかなか手に入れにくいのがネックですが、今後も抽選などで販売が進むと思いますので情報を待ちましょう!

実際に使ってみて

38explore-ZEROPOD38

一言、最高すぎです。

焚き火のとき手元やサイドテーブル周りが暗いなんてことよくありますよね。

そんなときはZEROPOD38とゴールゼロのマイクロフラッシュで解決です!!!

38explore-ZEROPOD38

テーブルなどに挟んだ時の安定感もバッチリなので、小型のライトをセットしたくらいでは全く問題ありません!

エッジスタンドも似たような役割を果たしてくれますが、ネジが三脚用ではないんですよね。
一般的な三脚ネジで使えることで汎用性や利便性がぐっと上がります!!!

エッジスタンド(M8)と三脚ネジの変換ネジも持っていますが、LEDライトと組み合わせて使うときはZEROPOD38をよく使っています。

エッジスタンドをお持ちの場合、LEDライトはZEROPOD38で小物かけにはエッジスタンドを使用するのがオススメ!
自然とこの使い分けるようになっていました!

軽量ランタンスタンドのEDGE STAND(エッジスタンド)がオススメ
みなさまエッジスタンドって聞いたことありますか? りゅうちぇる 聞いたことあるけど、どうなの? って方少なく無いと思います! ネット通販にはなか...

38explore-ZEROPOD38

エッジスタンドは最低でも1本はポールを使わないといけないので、こんな使い方はできないですよね!笑

ゴールゼロのマイクロフラッシュと形状が近いこともあり相性抜群です!!!

もう2つくらいあっても困らないですね照

まとめ

38explore-ZEROPOD38

ZEROPOD38はkoti BEAUTY&YOUTHやAsimocraftsからも出ており特別カラーも存在しています!

自分はスタンダードタイプとTheArthバージョンしか持っておりませんが、1つ持っていると間違いなく重宝します!

見つけたら即買いですよ!!!

自分は発売直後に山梨県のスタンダードポイントさんまで片道100kmを車でかっ飛ばして買いに行きましたからね!笑

では!