SOTO スライドガストーチを半年使ってみた

キャンプギア
スポンサーリンク

こんにちは。

もう年末ですね。
今年は学生以来初めて年末年始に1週間休みがあるりゅうちぇるです。

何をしようかそわそわしております。
キャンプ用品の断捨離でもしようかな。

今までは安いチャッカマンを使っていましたが、この度リアルツリーに惹かれて購入しました。

この柄いいですよねー(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
僕が購入したときはありませんでしたが、モノトーンもあるんですね!
値段を考えたらこちらでもよかったかなって感じ!

商品説明

特に難しいことはありませんが、商品の詳細を記載しておきます!

全長20cm弱

 

比較的誰の手でも馴染む大きさになっているかと思います!
ちょうどいい大きさだと思います。

収納可能な先端部

これ伸びます!!!

※しかし使った後は高温になりますので、先端の黒いつまみを持って収納してください!

ロックも可能

もちろんですが、ロックも可能なので、収納時も安心です。

着火スイッチのところをスライドすることでロック・アンロックが可能です。
外側に引っ張ることでロックが解除されます!

↓ロック時↓

↓アンロック時↓

写真じゃ全然わかりませんね笑
あはははは(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

火力調整はライター同様

下部のつまみで火力を調整します。
マイナスのネジ山がありますが、指でも調整可能です。
手のごつい方は少しやりづらいかもしれません…

 

↓最小火力↓

 

↓最大火力↓

使い道あれこれ

ターボタイプなので、色々と使い道はあるかと思いますが、私の場合ですと、焚き火の時に一番よく使います。

ターボタイプなので、下向きに使ってもうまく火をつけることができますね。

また、年季の入った私の2バーナーの着火がうまくいかない時などもスライドガストーチでつけることがあります。

 

料理中に軽く炙ったりすることもできるんじゃないかと思います。
僕は料理にあまりこだわっていないので、試したことはありませんが笑

主観的な注意事項

レビューのような感じになりますが、僕が使ってみて思ったことを記載します!

使い道は多く、リアルツリーカモはとてもかっこいいですが、、、

寒冷地・高所はつきが悪いです。

これはその他に着火システムに言えることですが、

本体を温めるなり、火力を最大限にする

なりで改善することが多いです。

SOTOスライドガストーチがつかない時(不具合)の対処法はこれだ!
こんばんは! 今回はSOTOのスライドガストーチ(ライター)を使っていて、火がつかないことがありましたが、個人的に対処法を見つけたのでご紹介します! 記事自体は短めです。 まず最初に確認すること 火がつかないと思って、最初に確認...

本当につかないときは、マッチが一番だと思います。
風には気をつけてくださいね。

もちろんライター・チャッカマンでも事足りることがほとんどですが、これはやはりかっこいいです!!!

見た目で重視です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎笑

ひゃっひゃっひゃー(๑╹ω╹๑ )

僕は細めのガイロープを付けて、キャンプ中はいつも持ち歩いています。
どこかに置くとどこかに行くので笑

 

 

では、また次回(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

コメント