YouTubeでも発信中!チャンネル登録はこちら ▶

石油ストーブ用の電源不要な下向き熱動力ファン!NamsanworksのTUFを紹介!

Namsanworks TUF サムネイル
※本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています。

2022年の冬あたりから急に見かけることが多くなったストーブの上に置く大型ファン。

下向きに風を送ることができるアイテムで韓国で人気となったことをきっかけに日本でもじわじわとユーザーが増えています!

でも本当に暖かいの!?

そう思っていた自分も一度体験するきっかけがあり、購入に至りました笑

半信半疑の方も初めて知った方も欲しくなること間違いなしです!笑

スポンサーリンク
instagram-bnr

Namsanworks|TUF

サイズ35D x 35W x 19H cm
重さ4.7kg
電源不要
動作温度範囲250℃〜350℃

自分が購入したのは韓国のNamsanworksというブランドのTUF(Thermoelectric Unplugged Fan)!

カラーはチッピング塗装のような質感のブラックハンマートンをチョイス!

このタイプのファンはかなりいいお値段です…笑

電源不要!熱動力の仕組み

Namsanworks TUF 仕組み

このタイプのファンは「ゼーベック効果」と呼ばれる原理を利用しており、2つの金属の接点に温度差を与えることで電力が発生してファンを回すことができています。

その点を踏まえた上で使用するとトラブルなく使用できそうです!

同じ構造のアイテム

同じようなアイテムとして韓国のオールラウンドファン(all round fan) V2という商品があります!

2022-2023のシーズンは40,000円前後で購入できましたが、本国での値上げや人気も影響しているのか値段が上がってしまっています。

モバイルバッテリーなどを併用するタイプもあるので購入時は注意してください。

~Thermal Electronic Fan~サーマルエレクトロニックファン | CAMP GEEKS powered by BASE
Thermal Electronic Fanストーブの熱源を電気に変え駆動するファンになります。こちらのファンは2021年より韓国で販売がスタートしました。一昨年より熱源を使用したファンが数社から販売されていますがこちらの商品は他社製品に比べ価格が高くなっております。その理由は…サーマルファンにおいて最も重要なパーツで...

こちらも同じ韓国製でCampgeeksさんが~Thermal Electronic Fanという名称で販売しています!

これが欲しかったけどかなりいいお値段で諦めました…

どれも高いなぁと思っていたところ、購入時一番お手頃で見た目が好みだったNamsanworksを購入しました!
Amazonで購入できるのも嬉しいですよね!

それではご紹介していきます!

ディテールをチェック

TUFのケースを抱える

簡易クーラーボックス的な質感のケースに収納されており、それなりのサイズ感。

重量は4.7kgで女性でも簡単に持ち運ぶことができます。

説明書も付属しているので必ず目を通しておきましょう!

Namsanworks TUFとケース

本体はケースと比べると一回り小さいサイズ感になっています。

積載にちょっと困るサイズですね笑

Namsanworks TUFのファン

ファンは4枚羽となっており、家庭用扇風機くらいの迫力があります笑

ガードも細かいのでそこまで危険はないと思いますが、使用時は十分ご注意ください。

Namsanworks TUF裏面

裏面はこのような形状。

この丸部分に熱が伝わっていく仕組みです。

使い方

Namsanworks TUFの使い方

使い方はとっても簡単ですが、少しコツが必要だったりするので、順番に説明していきます!

ブランドの方にアレコレ教えていただきました!

使用ストーブはトヨトミのKS-67Hです!

ストーブを点火する

Namsanworks TUFの使い方

まずはストーブを点火します!

ストーブ点火前からファンを置かないように注意しましょう!

うまくファンが回らずに故障の原因になります!

点火したらストーブの火力が安定するまで20分以上は確保しましょう!

TUFをストーブに設置

Namsanworks TUFの使い方

20分以上経過してストーブが十分に温まって安定したら天板にTUFファンを設置します!

中央に置くようにセットしましょう!

※五徳などがある場合は取り外して使用してください。

1〜2分ほどでファンが回転してくればOK!

ちゃんと高速で回転するまで20分以上は確保しましょう!

経験上、正常に高速回転するまで10分くらいはかかっています。

回らない場合はきっかけを作る

Namsanworks TUFの使い方

使用環境によっては自動で回らないこともあります!

2分以上経過しても回転し始めない時は、息を吹きかけるか、細い棒で突いたりして物理的にきっかけを作ってあげましょう!

※3分以上経過して、きっかけを作っても回らない時は一度中止して、ファンが冷めてから再度設置しましょう。

正常に回転したらOK

Namsanworks TUFの使い方

ファンの始動後、20分以上経過して回転数が正常に達した場合、ファンの上部を触っても少し涼しさを感じるほどなので1つの目安にしてください!

不思議な感覚です!笑

上部がずっと熱いままの場合はうまく動作していないので、故障の原因にもなりますので一度ファンを下ろしましょう。

冷めるまで時間もかかりますが、ブランド側は30分以上冷却することを推奨しています。

温度検証してみた!

設置場所

Namsanworks TUFの温度検証

※使用環境や計測場所によってかなり差が出ると思いますので、1つの検証結果として参考程度にとどめてください。

「効果あります!」と言ってもピンとこないと思うので、検証してみました!

数字で見るのが一番ですよね!

赤丸が計測場所(テント上部&膝の高さ)で矢印がストーブ&ファンの位置になります。

ファンからは少し遠ざけて検証してみました。

ストーブのみ(設置前)

Namsanworks TUFの温度検証

ファンを置く前は【上部29.5度|下部16.5度】となっていました!

外気温は一桁台。

立ち上がると顔が熱くなります…

TUF設置後30分

Namsanworks TUFの温度検証

ストーブ設置後ファンが正常に回り出して10分ほど経過しました!

上部19.2度|下部16.2度】と上部の熱がグッと下がったのが体感でもはっきりと分かります!

立っても顔が熱くないんです!

数字としては結果に出ていませんが、椅子の位置では足元も暖かくなっています!

温度計をテントの外側に置きすぎたかもしれません…

TUF設置後しばらくして

Namsanworks TUFの温度検証

上部22.2度|下部19.8度

数時間経過後も上部と下部の温度差は2〜3度で非常にテント内が快適のままです!

顔が熱くないもの魅力です!

女性陣は足元が暖かいことに喜んでおり、男性陣は顔が熱くないことに喜んでいました!笑

使用上の注意点・ポイント

Namsanworks TUFの注意点・ポイント

上記で説明したポイントと重複する部分もありますが、注意点とポイントをまとめてみました!

使ってみて気になったら参考にしてみてください!

ストーブ点火前に置かない

ストーブの点火前からファンをセットしておくのは絶対にNGです!

「ゼーベック効果」を利用しているので、ストーブ点火前から設置すると温度差が発生しにくいため必ず点火して十分にストーブが温まってから設置しましょう。

五徳などは使用しない

ストーブの上に五徳などを使っている方は取り外して使用しましょう!

天板に直接置くことで効果を発揮しますので、忘れないようにご注意ください。

3分以上回転しない場合はやり直し

使用環境によっては3分以上経過しても回転しないことがあります。

回転しないまま設置しておくと故障の原因になるので、一度おろして十分に冷却してからやり直しましょう。

冷却の際は置き場所に注意してください。

30分以上冷却することが推奨されています!

火力は中火以上

ゼーベック効果を利用しているため、弱火で使用すると温度差が発生せずにうまく回転しない場合があるので火力を弱める場合でも中火以上にはしておきましょう。

暑くてテント内の温度を下げたい場合は、ファンの使用をやめるか、窓を少し開けたりベンチレーションを使って外気を取り込んで調整すると良いです。

室温には要注意

テント内が温まりすぎている場合(30度以上)などは温度差が発生せずにうまく動作しない場合があります。

その場合は外気を取り入れるなどしてテント内の温度を下げてからファンを設置するとうまく動作することが多いです。

回転速度が遅い時

10回以上使用してみて「回転が遅い」ことが何度かありましたが、先ほど記述したテント内が温まりすぎている状態でファンを設置してもうまく温度差ができずに回転不足となっている場合がほとんどでした。

テントの窓・ドアを開けて幕内の温度を下げることで、温度差が発生してファンを正常に動作させることができました。

一度正常に回転すれば、ファンの動作で温度差が確保できるのでテント内が暖まっても持続して使用可能な場合がほとんどです。

ストーブの移動は要注意

ストーブを移動させたい場合などで5〜10分以上ファンをストーブから離した場合は冷却してから設置し直しましょう。

数十秒であれば引き続き動作可能です。

動かす場合は火傷などに十分注意してください。

実際に使ってみて

Namsanworks TUF 使用レビュー

現在も愛用中ですが、もう快適そのものです!

購入前は「ストーブ1台の方が安いし、ストーブ2台使った方がいいんじゃないか!?」などと思っていましたが、テント内の温度が均一になるのはストーブをいくつ増やしても得られることができない快感!

ストーブを2台にしてもテント内上部は熱くなる一方で、足元は寒いまま。
高価なものですが、この下向きファンにしかできないものを持っているんです!

間違いなく買ってよかった!!!

テントとストーブのサイズは検討の余地あり

Namsanworks TUF 使用レビュー

モビガーデンのコマンダー185の中でトヨトミKS-67HとTUFを使用しましたが、テント内が暑すぎて快適とはいきませんでした笑

弱火にするとファンの回転が落ちてしまうので、テントとストーブの組み合わせは検討の余地がありそうです。

パセコ・アルパカも使える!?

Namsanworks TUF パセコ

自宅で動作確認をしたところパセコ(WKH-3100S)とアルパカでも動作することは確認しました!

ブランド側も使えると言っていました!

コマンダー185とトヨトミKS-67Hの組み合わせが悪かったこともあるので、近いうちに中サイズのテントとパセコ(WKH-3100S)かアルパカで実際に使用してみたいと思います!

現状では、中型テントには中火力ストーブ、大型テントには高火力ストーブの組み合わせでTUFを使用するのが良さそうです!

まとめ

使い始めは情報も少なく困惑する部分もありましたが、ブランドさんの連絡も早く丁寧に答えてくれていたので数回の使用を経て上手に使用することができるようになりました!

使用に慣れるまでは扱いにくいと感じる方もいるかと思いますが、ポイントを押さえておくことで正常に動かすことができるようになります。

一度使ったらその快適さにこのファンなしでは冬キャンプへ行けません…!!!

お値段はネックですが快適さは段違いです!