Amazonのキャンプランキングを見る ▶

The Arthの伸縮式ポール「棒にょい」は1本でタープから跳ね上げまでOK!

棒にょい サムネイル

ポールでお悩みの方!
少々値は張りますが、これさえ買っておけば間違いなし!!!

The Arth(ざぁ〜ッス) × URBAN FOREST(アーバンフォレスト)「棒にょい」をご紹介!

在庫があれば即購入レベルです!!!

スポンサーリンク
instagram-bnr

The Arth × URBAN FOREST|棒にょい

The Arth 棒にょい

メインポール 「棒にょい」 | TheArth_six
収納時89cm
最短使用長さ156cm
太さ直径39mm(根元部分)〜30mm(先端部分)
仕様173cm〜280cmまで10cm刻み
材質(素材)アルミ

「棒にょい」はURBAN FOREST(アーバンフォレスト)から発売されているポールをダブルネームの形でThe Arth(ざぁ〜ッス)から国内に販売しているアイテムになります!

伸縮式でポールが1本(4節)に収まっているのでコンパクトになり積載に優しいです!!!

1本に収まっているので多少重量はありますが、車で行く方には気になるような重さでは無いかと思います!

材質(素材)については公式サイトに記載がなかったので、念のために確認したところ想定通り「アルミ」でした!

跳ね上げ用の「よこにょい」というポールも出ていますので、合わせてチェックしてみてください!

サイドポール「よこにょい」 | TheArth_six

商品ディテールをチェック!

プッシュピンタイプ

The Arth 棒にょい

ポールはプッシュピンタイプのアジャスタブル仕様!

プッシュピンの固さもバッチリです!

固すぎず緩すぎずのいい塩梅!

The Arth 棒にょい

ポールの伸び縮みもスムーズでガタツキもありません!

収納時にはロックしておく方法がないので、逆さにしてしまうと飛び出してしまうので注意が必要です!

ピンを持って取り出すと伸びちゃうので注意です!笑

直径39mm〜30mm太さで安心

The Arth 棒にょい

伸縮式で不安になりがちなのが強度問題。

しかし「棒にょい」はベース(根元)が直径39mmと極太!
先端でも30mmの直径が確保されているので強度の不安もありません!

安心感が絶大!笑

太くなる分コンパクトさは少し欠いてしまいますが、安心を担保しつつコンパクトさを求めるとこの「棒にょい」になるでしょう!

幕男やmac oneなどの大型タープにおすすめ

The Arth 棒にょい

4〜5m前後の大型タープにおすすめ!

写真はmac oneタープのLサイズですが、ポールは280cmまで伸ばして使用しています!

同じくThe Arth × URBAN FORESTの「幕男」などにもぴったりで、大型タープに使用しても華奢な感じがせず安心して使用することができます!

もちろん小さいタープに使用することもできますのでご安心ください!

極太が故にバランスが悪く見える可能性はあります!笑

跳ね上げにも使用可能

The Arth 棒にょい 跳ね上げ

1〜2節分伸ばさずに使用することで短めに使うことも可能です!

なんて万能!!!

The Arth 棒にょい 跳ね上げ

かなり希望の長さにアジャストすることができるので、対応できる幕(テント・タープ)は多いかと思います!

The Arth 棒にょい 跳ね上げ

コンパクトなタイプのテントでも対応できるのはかなり魅力的です!

センターポールより太い!!!笑

軽量を目的としている場合はそのサイズにあった別のポールと用意した方がいいですが、強度的には大は小を兼ねるので問題なく使用できます!

まとめ

The Arth 棒にょい

棒にょいは2本1セットで販売しているので、1〜2セットあるとかなり万能に使うことができます!

自分自身は6本(3セット)所有していますが、6本同時に使うことはほとんどありません笑

自分は6本のポールをこちらのオレゴニアンキャンパーのポールケースに収納しています!

少し長めのケースが必要なのでご注意ください!

冒頭で記載した跳ね上げ用の「よこにょい」という細くて短めのアイテムも出ていますので、そちらと合わせて使ってもOKです!

サイドポール「よこにょい」 | TheArth_six

ポール選びに迷ったらこちらの記事もどうぞ!

キャンプのタープポールってどの太さがおすすめ?用途・直径別にご紹介!
こんにちは〜 ポールって色々ありすぎて分からーん!!!ってなりますよね笑 いろんな太さ・長さのポールを使ってきましたが、それぞれ良し悪しがありますので、自分なりに解説していきます! 安い...