Amazonのキャンプランキングを見る ▶

WHATNOTのワンタッチバスケットが汎用性抜群!ブラックも登場!

コスパ抜群!大人気のWHATNOT(ワットノット)のワンタッチバスケットから遂に黒(ブラック)カラーが登場!

サンド(コヨーテ)・カモの2色展開から3色展開になりました!
サンド系の帆布生地を含むと3色4パターン展開!
多くのユーザーが困らないであろうカラーバリエーション!!!

スポンサーリンク
instagram-bnr

WHATNOT(ワットノット)|ワンタッチバスケット

WHATNOT/ONE TOUCH BUCKET HD(ブラック) | WHATNOT HARDWEAR STORE
▼直営オンラインショップ▼・楽天・Yahooショッピング(PayPayモール)のオリジナルプロダクト⁣⁣⁣⁣⁣「One Touch Bucket」(ブラック)⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣工具・道具の収納や運搬、買い物のエコバック代わりなど、⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣DIYからアウトドアまで幅広くご利用いただけます。⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣⁣...
サイズ幅360mm×奥行250mm×高さ320mm
収納サイズ幅360mm×奥行250mm×高さ60mm
重量カモ柄750g/黒色1230g

WHATNOTの⁣⁣⁣⁣⁣「One Touch Bucket(ワンタッチバスケット)」!
⁣⁣⁣⁣⁣⁣
⁣⁣⁣⁣⁣キャンプギアの収納や運搬、買い出しのエコバック代わりまで幅広く使用することができるアイテムで、⁣使わない時は折りたためるの優れものです!

サンド(ポリエステル)

サンド(帆布)

帆布生地になっているので、よりタフになっています!
薪を入れたりワイルドに使う人にはオススメかもしれません!

カモフラージュ

黒/ブラック

商品ディテールをチェック

WHATNOT ワンタッチバスケット

新しく発売されてブラックカラーはヘビーデューティーモデルとして少しディテールが異なっていますので、カラフラ柄と比較しながら紹介いたします!

大きな仕様は同じです!

ベルトループ

WHATNOT ワンタッチバスケット

ベルトループは本体上部に一周ぐるっと回っていますので、制限なく引っ掛けたりすることができます!

ライト吊るしたりナイフ刺したり便利なフックです!

WHATNOT ワンタッチバスケット

ブラックバージョンは側面にもベルトループが追加されていますので、用途は更に広がります!

底面に足キャップ

WHATNOT ワンタッチバスケット

底面に足キャップがついているので、汚れから守ってくれます!
こちらは特に差はなく通常仕様です!

濡れた地面にも気軽に置けるのはかなり大きいです!

※水の溜まった場所や地形によっては濡れる可能性もあるので置く場所にはご注意ください!

サイドポケット

WHATNOT ワンタッチバスケット

サイドポケットは通常仕様で手袋なども小物を入れるのに重宝します!

マチもあるので多少かさばる物でも収納可能!

ベルクロ

WHATNOT ワンタッチバスケット ベルクロワッペン

新しいブラックカラーにはベルクロが追加されました!!!

これはデザイン的にも嬉しい仕様!

WHATNOT ワンタッチバスケット ワッペン

お好みのワッペンなどを取り付けることができますね!

ワイヤー(骨組み)

WHATNOT ワンタッチバスケット ワイヤー

新色ブラックはワイヤーが2倍の5mmにパワーアップしております!

かなりしっかりしてます!!!

カモフラ・サンドver.も比較的しっかりしていますが、上に物を載せるのは躊躇しました…

が、ブラックカラーはかなりしっかりしているのでそこまで重くない物であれば載せてもへっちゃらです!!!

その分、本体重量が少し重くなっております!(カモ柄750g/黒色1230g)

重いほどの重量ではないと思いますけどね笑

折りたたみ時

WHATNOT ワンタッチバスケット 折り畳み

ブラックも同様に折りたたむことができます!

ワイヤーは太くなっていますが、見た目での折り畳みサイズの差はありません!

綺麗にたためるかどうかの方が差に影響しそうです笑

組み立て方

WHATNOT ワンタッチバスケット

ワイヤーの太さは違いますが、組み立ての手順など何も変わらないので安心してください!

太くなった分はめ込みにくいなどもないので大丈夫です!笑

実際に使ってみて

WHATNOT ワンタッチバスケット

カモフラ柄は長いこと使ってきましたが、使用感の差はそこまで大きくは感じません!

ただ、積載時に上に物を載せる時の安心はかなり違います笑

WHATNOT ワンタッチバケット

あとは細かな部分でアップデートされていますが、その分少し価格も上がっているのでなるべく安く抑えたい方はカモフラ柄やサンドカラーがおすすめ!

大きな差ではないので特に気にせずカラーで選ぶのが一番だと思います!笑

ワンタッチバスケットはカスタムなども流行っているのでギアとしても低価格で楽しめるアイテムだと思います!