Amazonキャンプ用品ランキングをCHECK ▶

ヘリノックスのタクティカルスピードスツールMが秀逸!徹底レビュー!

speed-stool-thumbs

発売から品薄続きのヘリノックスのタクティカルスピードスツールM!

少々高価ながら品薄の理由を徹底解剖!!!

りゅう
りゅう

と言ってもいつも通りのレビュー!笑

スポンサーリンク

ヘリノックス|タクティカル スピードスツール M

使用サイズW36cm×D26cm×H25cm
収納サイズW44cm×D10cm×H10cm
重さ500g + 収納袋75g
耐荷重100kg

座面は600Dのポリエステルで出来ており、他のタクティカルラインと同じような生地感になっています。

カラーはブラック・コヨーテ・マルチカムの3種類!

A&Fの別注カラー「Iグリーン」を含めると4色の展開になっております!

A&F COUNTRY 404 Not Found

ディテールをCheck!

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM

収納時は細長くなっております!

りゅう
りゅう

コンテナ等にしまうときも隙間に入れられます!

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM

りゅう
りゅう

これがとっても軽量!!!

個人的には大きい折り畳み傘という感じのイメージ。

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM

収納袋にはこの形で収納されています!

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM

ショックコードで繋がった足を広げます!

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM

りゅう
りゅう

広げたらもう完成です!

うまくいけば収納袋から出して、持ち上げるだけで組み立てることができます!!!

袋から出すところから数えてても数十秒でたてられちゃいます!

実際の使い方・使い道は?

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM使い方

軽量コンパクトで設営も数秒なタクティカルスピードスツールMの実際の使い道をご紹介していきます!

りゅう
りゅう

自分も使い方を見つけるのも1つも楽しみですよね!

本来の使用用途「椅子」として

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM椅子として使用

まずは元々の使用用途である「椅子(チェア)」としてです!

商品名に「スツール」と入っているだけありますね!笑

スツール:背もたれの無い、一人用のいす。腰掛け。
りゅう
りゅう

ただ、座り心地がいいものではないです笑

長時間座るのに適しているようなものではなく、ちょっと作業する時に使うのにぴったりかと思います!

オットマン(足置き)として

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM オットマン

次はオットマンとして!

りゅう
りゅう

この使い方が非常にいいです…嬉

キャンプ中うとうとしてきたらスピードスツールをオットマンとして使ってお昼寝するのが定番だったりします笑

ポールが足に当たると不快なので、写真のように足とポールが水平になるように置くといいです!

サイドテーブルとして

ヘリノックス タクティカルスピードスツールMサイドテーブル

続いてはサイドテーブルとしてです!

ただし、注意点として座面がたわむので飲み物を置いたりするのはNG!

りゅう
りゅう

基本的には小物置きですね!

オットマンとして使わないときはサイドテーブルにして小物を置く!
この流れがキャンプだと想像しやすいかもしれません!

クーラーボックススタンドとして

ヘリノックス タクティカルスピードスツールMクーラーボックススタンド

軽量でコンパクトですが比較的安定して置くことができます!

クーラーボックススタンド用として販売されているものと比べてしまうと安定感は劣りますが、それでも十分なくらいには安定してくれます!

りゅう
りゅう

耐荷重100kgなので安心ですね!

サイズが合えばコンテナなども置くことができますよ!

使用時の注意点

ヘリノックス タクティカルスピードスツールM注意点

スピードスツールですが、横の動きに対する耐性はかなり低いと思いますので、椅子として座った時に左右にお尻を振ったり片側に体重をかけたりすることは控えた方が良さそうです!

特に物を取る時などに変な体重の掛け方になるとポキっと逝ってしまうかもしれません…

実際に経験したわけではないですが、十分注意するに値すると思います!笑

まとめ

発売からずっと入荷・品切れ(品薄)を繰り返しているスピードスツール!

ヘリノックスのタクティカルライン好きにはもちろん、ヘリノックス用品を手にしたことがない人にもオススメのアイテムです!

りゅう
りゅう

少々高値なのがネックですね…

それでも品切れになるだけ便利ってことです!

その他のヘリノックスアイテムの記事もどうぞ!