Amazonランキングをチェック ▶

NANGAの永久保証はどこまで?ダウンシュラフの修理料金に驚愕!

nanga 修理 サムネイル

寝袋の有名ブランド「NANGA(ナンガ)」!

永久保証を謳っていることはナンガユーザーなら知っているハズ!

今回寝袋の一部がほつれてしまったので修理(リペア)に出してみましたので、気になる永久保証や修理料金をお伝えいたします!

スポンサーリンク
instagram-bnr

NANGA永久保証について

ナンガのスリーピングバッグであれば「永久保証」の対象となり、期間を限定せずに永久に修理保証致します。
修理可能かどうかの判断については、弊社にて製品状態をご確認させていただいてからの回答となります。
引用:https://nanga.jp/after-care/

NANGAの永久保証は修理可能であれば廃盤の寝袋でも古い寝袋でも対応します!という解釈かと思います!

決して「永久”無料”保証」というわけではないのでご注意ください!

例えばファスナーの全交換が必要だった場合などは5,500円(税込)の修理料金がかかるようです!

損傷箇所の確認

ナンガ 修理箇所

今回修理してもらうのはこちらの部分!

まだ1シーズン目の「オーロラ900DX」顔まわりの一部分がほつれております…

寝袋をしまっている際、圧縮していると突然弾けるようにダウン(羽)がパーン!と…

おいおいおい…

数日後使う予定もあり、そこまで損傷も大きくないのでリペアパッチや自分で縫い直すことも考えましたが、後戻りできなくなっては後悔してもしきれません。

大人しく修理に出すことに。笑

修理の出し方

商品発送で申し込み

REPAIR | NANGA | ナンガ
羽毛に拘ったダウンスリーピングバッグ・メーカーNANGA。安全で品質の良いダウン(羽毛)を使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、「暖かく、そして軽い」。当社の製品が必要とされる貴方の元へ運ばれ、「このメーカーは良い!」と思って頂ければ幸いです。

一般的な修理の出し方はこの商品発送です!

この後、出し方について解説いたしますが、送る際の送料はユーザー側で負担する必要があります!

寝袋のサイズによりますが、冬季用だと結構いいお値段に…

店舗へ持ち込み

STORE | NANGA | ナンガ
羽毛に拘ったダウンスリーピングバッグ・メーカーNANGA。安全で品質の良いダウン(羽毛)を使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、「暖かく、そして軽い」。当社の製品が必要とされる貴方の元へ運ばれ、「このメーカーは良い!」と思って頂ければ幸いです。

ナンガの店舗はあまり多くありませんが、近くに店舗がある方は店舗への持ち込みも可能です!

店舗に持ち込めば送料無料!

受け取りの際も基本的にはユーザーの送料負担ですが、店舗受け取りであればそちらの送料もかからないようです!

※自分は東京の目黒にある店舗へ確認をしましたが、そのほかの店舗へ持ち込む際は念の為ご確認ください。

実際に商品発送で修理に出してみた!

ビクビクしながら出してみました!笑

寝袋を商品発送で送る場合、事前に連絡などは必要ありません!

送りつければ本社で商品の確認して受付をしてくれます!

修理箇所を塞ぐ

寝袋 修理

自分の修理はほつれでしたので、まずはほつれている箇所をテープで塞いでおきます!

今回はベタつかないようにマスキングテープにしました!

ほつれの大きさや度合いによって羽が出ないように工夫して止めておいてください!

WEBサイトには必ず洗ってから送るように記載されていますが、今回のようなほつれなど洗濯により修理箇所が拡大してしまう恐れがある場合は、洗濯せずそのまま送って問題ありません!

できる範囲で綺麗にしておきましょう!

修理依頼票を記入

ナンガ 修理依頼票

WEBサイトにある修理依頼表を印刷して必要事項を記入していきます!

2枚のうち1枚は「修理について」記載されていますのできちんとご確認ください!
(印刷は1枚でもOKです)

修理依頼票はこちら

プリンタなどはない場合は修理依頼票に記載されている項目を手書きで記入しても問題ないそうです!

修理依頼票をご確認の上、箇条書きで記入しておけば大丈夫そうですね!

梱包作業

ナンガ 修理 梱包

記入ができたら寝袋を梱包しましょう!

今回自分のパターンだと、ほつれの箇所がそこまで大きくなかったので、テープで固定した後通常の通りに寝袋ケースに収納しました!

ほつれが大きい時などは無理に圧縮せずに送るといいかもしれません!

送料が多くかかってしまいますが、無理に詰めて穴が広がったりダウン(羽毛)が散らかってしまったり…
余計にお金がかかっては意味ないですからね…

保管用の収納バッグなどに入れて送るのもアリかと思います!

梱包ができたら記入し終わった修理依頼票を一緒に同封しましょう!

ナンガ本社へ発送

ナンガ 修理 商品発送

念の為クッション材を巻き、修理依頼票を同封してカスタマー担当(修理・メンテナンス係)まで送りましょう!

ちゃんと元払いですよ!笑

送り先は最新の住所をWEBサイトでご確認ください!

REPAIR | NANGA | ナンガ
羽毛に拘ったダウンスリーピングバッグ・メーカーNANGA。安全で品質の良いダウン(羽毛)を使用し、独自の縫製技術によって生まれる商品は、「暖かく、そして軽い」。当社の製品が必要とされる貴方の元へ運ばれ、「このメーカーは良い!」と思って頂ければ幸いです。

ナンガより修理金額等の連絡

金曜日に発送し、月曜日のお昼に着信!

今回のほつれは縫製が甘かったので「初期不良」ということで無料でご対応していただけました!

よかったー!!!!

さらに…
「今回は初期不良となりますので送料もこちらで負担させていただきます。」と!

おー!!!初期不良とは言え神対応!!!

1週間程度お預かりする旨も聞いて…

数日後…

商品到着

ナンガ 修理 到着

ちょうど発送して1週間後の金曜日に到着しました!!

何と早い対応!

WEBサイトには1〜1.5ヶ月ほどかかると記載があったのでドキドキしていましたが、今回は1週間で返却となりました!

※時期や混雑状況で大きく変わるので、1つの参考例とさせていただきます。

ナンガ 修理 到着

ビニール袋に寝袋本体と収納ケースが入って届きました!

修理箇所のチェック

ナンガ 修理箇所

上からオーバーラップをして縫ってくれているのが”よく見ると”わかります!

ナンガ 修理箇所

修理箇所を知らなければどこを直したのかわからないくらいです!

これでひと安心!笑

周りのキャンパーさんの話ですと、ほつれ系は無料で対応していただけることが多いようです!

さすがMADE IN JAPAN!!!

まとめ

穴が空いた時はヒヤッとしましたが、無事に無料で修理することができました!

送る分の送料はかかってしまいましたが永久保証のありがたさを身をもって体感!

急ぎでなければほつれなどの場合は無理にパッチを貼ったりせずに修理へ出すことも検討してみてください!

こちらの記事もオススメ!

ダウン寝袋の保管にはハーフトラックプロダクツのノンスリープクッション!
寝袋の保管方法ってどうしてますか? 化繊の寝袋であれば、取り扱いは比較的楽なのであまり気にしなくてもいいかもしれません! しかし問題はダウンの寝袋... りゅう ...