ガイロープの転倒防止におすすめライト3種!

キャンプギア
スポンサーリンク

こんにちは。
GW前半は陣馬形山キャンプ場に行ってまいりました。

無料の陣馬形山キャンプ場!アクセス、温泉、水、使用感は?
私が以前数回行ったことのある、長野県南部にある無料の「陣馬形山キャンプ場」紹介です! とてもロケーションの良いキャンプ場で、本当は誰にも教えたくないキャンプ場。初めて行く人のためのブログ。兼、自分の日記・メモ代わりに。

今回の記事も書けたらいいなと思っております。

さてこの記事では夜にガイロープでつまづくなんてことは誰もが一度は経験したことがあると思います。

その解決法をお伝えできたらなと思います!

ライト類で対策する

まずはライト類で対応する方法です。

コールマン トリップレスライト

連続点灯時間は約34時間
単4乾電池×1(別売) で動きます。

少し大きいのが難点でしょうか。
あとは2パックで1500円くらいするので、たくさん揃えるとなると結構金額がかさみます。

コールマン ストリングライト

こちらはガイロープに巻きつけるなりしてタイプのものです。
連続点灯時間は約20-24時間
アルカリ単三形乾電池×3本(別売) で動きます。

こちらもガイロープの数だけ準備しないといけないのでこちらも高額になりますね。
ただし、ライトアップ距離を稼げるので、転倒防止の意味ではかなり役立つかと思います。

ロゴス ロープライト

こちらは常用点灯時間目安:(約)24時間
電源:CR2032×1pcs(別売) で動きます。

こちらがおすすめなのですが、、、、

もっとお安いものがございます!

スポーク LED ライト

めちゃめちゃ安いです。
コロコロ値段は変わりますが、それでも安いです。
失敗してもいいなと思える値段です。

他にも色違いがありますが、値段はだいぶ違いますね。

またお隣の国からやってくるので時間がかかります。
また、届かないなどとレビューがありますので、販売店を確認しながら注意して注文してください!
あくまで自己責任でお願いいたします。

ライト以外で…

ライト以外に普通のガーランドなどでロープを飾る方法もありますが、やはり夜間になると見えづらくなってしまうので、ライトものがいいかと思います。

また、昼間でも引っかかったりするものですが、昼も夜もという方は、ガーランドタイプのライトをおすすめします。
ただお金がかかってしまいますね…

場所によってライトを変えるのもありですし、私がおすすめしたライトは豆電池なので、単3電池などを繰り返し使いたい方は各々にあったライトを選んでみてください!

コメント