キャンプのタープポールってどの太さがおすすめ?用途・直径別にご紹介!

キャンプギア

こんにちは〜

ポールって色々ありすぎて分からーん!!!ってなりますよね笑

いろんな太さ・長さのポールを使ってきましたが、それぞれ良し悪しがありますので、自分なりに解説していきます!
安いものから、高いものまでありますが、なるべく安く!しかし、良いものを!ご紹介できたらと思います!

スポンサーリンク

まず材質の違い

ポールでは主にスチール・アルミ・ジュラルミン・ウッドの4種類があるかと思いますが、それぞれ良し悪しがあります。

スチール

知っての通り、鉄です笑

メリット

・アルミより強度がある
・比較的安価

デメリット

・錆びやすい
・重い

アルミ

アルミはアルミニウムですね!

メリット

・軽い
・錆びにくい

デメリット

・細いと強度がない
・少々高価

ジュラルミン

ジュラルミンはアルミニウムに銅・マグネシウム・マンガン・珪素(けいそ)などを混ぜた強い軽合金です。
アルミのデメリットである強度をカバーしたモデル

メリット

・軽い
・錆びにくい

デメリット

・他に比べて高価

ウッド

つなぎは大抵金属です。
昔は自作でしたが、今では比較的手に入りやすくなってきました。

メリット

・かっこいい
・おしゃれ

デメリット

・高価
・重い

タープポール


(引用:Amazon)

まずはタープポールから!

結論から言うと直径28-32mmのアルミがオススメ!

タープの大きさにもよりますので…

28mm以上がオススメのタープ

・一辺が4m以上あるもの
・TC素材でタープ自体に重さのあるもの

なぜ太めが良いかと言うと、折れるからです…
風が強い日や、雨が降ってタープが重くなった時に折れてしまいます…
折れずともグニャッと曲がることも…

32mmのポールもありますが、32mmは重く、かざばってくるので、持ち運びが大変になってきます。
しっかりとペグ打ちをすれば、28mmでも問題ございません!

りゅうちぇる
りゅうちぇる

私が愛用しているポール!

商品のレビューはこちらの記事を参考にしてください!

soomloomのタープポールが安くておすすめ!2年以上使ってレビュー!
こんばんは。 今日はsoomloomというブランドのタープポールをご紹介! りゅうちぇる 2年フルで使ってのレビュー!!! soomloomって...

↓DODからウッド風のポールも出ています!
本物のウッドより濡れの心配も、値段の心配も少ないのでオススメ!

↓こちらは30mmのポール
1本の値段なのでお高いですが、安心安全確実のスノーピークです。

16mmのポールがオススメのタープ

ソロ用のタープ自体が軽めのもの!
ポールの長さも180-200cm程度までなら16mmのポールでも良いかと思います。

スチールは本当にすぐ錆びるので、スチールを選ばなければ色などで選べばOKかと思います!

テントの跳ね上げ


(引用:Amazon)

テントなどの跳ね上げは16mmのもので良いです。

大きいテントで、跳ね上げる部分が広いものだと太めのものを選ぶと吉。
中で立つことができないくらいのサイズのテントは16mmのポールの方が軽いですし、収納にも困らないので、オススメ!

その他、雨など補助的に使う場合

雨が降った時など、補強や、水の流れを作る時などに使うことがあるかと思いますが、その時は予備として16mmのポールでいいかと思います。

メインに太めのポールを用いて、サブで16mmを持っておくと、何かの時に安心です!

太めのポールでももちろん構わないので、メインで4本使うことがある人や、収納(積載)に余裕があり、安心できる方が良い方は28mmで揃えると良いかと思います!

たくさんあれば色々なことに対処できますが、なんでもかんでも持っていくと、運ぶのが大変ですからね…

予備は16mm2本もあればまず大丈夫でしょう!
自分は28mm2本しか持って行ってません!!!

その代わりロープを多めに持って行っています!

ロープあればなんでもできます!

もう2つ、気をつけるポイント!

材質・太さについて触れましたが、まだ気にしてほしいポイントがあります!

一本あたりの長さです!

大まかに50-70cmの開きがありますが、自分の持っている道具と比較してみてください!

(例)
・70cmの場合だと、3本で210cm
・50cmの場合だと、3本で200cm

70cmの方が本数が少なく済みますので、つなぎ目が少ないぶん、強度が上がります!
(※折れる時はどこからでも折れるので、一概には言えませんが…)

タープを収納すると縦が60cmくらいなのに、70cmのポールを買うと、ポールが飛び出してしまいますね。
一緒に収納しない人は気にしなくても良いかもしれませんが、他の道具(ギア)をサイズを合わせることで、積載の時に綺麗に積むことができます!

ショックコードが付いているか。

ショックコードとは、ポールの中に入っているワイヤーorゴムのことです!
組み立て・撤収が楽になりますが、ポールの場合、ショックコードのないものの方が長さを変えられたりするので便利です!

また、ショックコードはどうしても先に劣化してしまうので、交換の必要があったりします。
テントなどは、長さの違うポールが多いので、採用されていることが多いですが、タープポールには必要ありません。
切れてしまうと、風が吹いた時などに抜けてしまう恐れもあります。

よっぽど理由がない限り、
ショックコードが付いていないポールを選びましょう!

おまけ:プッシュアップ・スライド式について


(引用:Amazon)

プッシュアップ式は楽チンで便利ですが、普通のもので比べて少し壊れやすい印象があります。
高さの止め方にもよりますが、止めた部分にもちろん負担がかかるので、そこが破損しやすいです。

跳ね上げやサブで使うには良いですが、メインで使うのは避けた方がいいかもしれません。

ただ、最近は作りのしっかりしたものが出てきていますので、よほど強い風がついたりしなければ大丈夫!

エリッゼのポールを購入しましたので、よろしければこちらも参考にどうぞ!
壊れやすいデメリットがあっても、高さ調節のしやすい調整可能なポールをよく使っています!笑

村の鍛冶屋/エリッゼの黒(ブラック)ポールを購入!良質でおすすめ!
こんにちは! さて、今回は2019年3月に、村の鍛冶屋(エリッゼ)から発売になった、黒のポールをレビュー! 今まで太めで黒のポールってなかなかいいのがなかったんですよ! スノーピーク...

まとめ

ポールってたくさんあってよくわからないと思います。
私も散々色々なものを使ってきて、ようやくここにいます笑

キャンプ道具は安物買いの銭失いになりがちなので、ケチらずにそれなりのものは買った方が良いです!

ポール・ロープ・ペグにはお金をかけた方が良いです!
失敗が減りますし、大変な思いもしないで済みますからね!

オススメのポールの組み合わせ

ポールってMAX6本くらいかと思います。

・ヘキサ・ウィングタープ 2本
・レクタタープ 2or4本
・スクエアタープ(大) 6本

・とりあえず28mmポールを2本
・4点張りをしたい人は28mm4本
・6本必要な人は28mm2本&16mm4本

かなり大きいタープをお持ちの方は32mm2本&28mm4本はあった方が風が強い日でも安心かと思います!

余談ですが、というか当たり前ですが…

長さは短い方が強度は高いですし、崩壊する確率もぐっと下がります!

最後に32mmですが、ウッドもお安く買える時代に!!!

ではではでは、また!