Amazonのキャンプランキングを見る ▶

スタンレーウォータージャグ塗装!蛇口(コック)グリップ交換のフルカスタム!

スタンレーウォータージャグカスタム-thumb

今回はスタンレーのウォータージャグをフルカスタムしたのでご紹介!!!

初めは2018年に紹介したのですが、その頃はカスタムアイテムも情報も少なかったのです…

2021年の今ではたくさんのカスタムアイテムが出ています!

以前は7.5Lのモデルを使っていましたが、新たに3.8Lを購入してフルカスタムいたしました!

スポンサーリンク
instagram-bnr

以前のプチカスタムまとめ

スタンレーウォータージャグ2018

最新版のフルカスタムと以前のプチカスタムでは同じ部分がいくつかありますので、同じ部分は以前のも参考にしてみてください!

定番の蛇口交換(コック交換)!

スタンレーウォータージャグのコック交換

今となっては定番のコック交換です!
スタンレーのジャグが出始めた頃は情報も少なかったのですが、今では定番になりました!

純正のまま使う場合、片手でずっと押しておく必要がありますがコック交換をすることで出しっ放しにすることができます!

以前も使用して調子の良かった↑こちらのコックを今回も使用しています!

スタンレージャグ コック

こちらのコックも使用可能ですが、ハンドル部分がジャグ本体に干渉してしまいます…

ただ、水の勢いはこちらの方がいいです!

SNSを見るとこちらを使っている人の方が多いかもしれません!

スタンレーウォータージャグコック交換

交換はとっても簡単です!

  1. ジャグの中からキャップ(ねじ)を外す
  2. コックを外す
  3. 新しいコックをつける
  4. ジャグの中からボルト(ネジ)をしめる

手で締めると締めきれずに水漏れする可能性もあるので、締めが足りない場合はモンキーレンチなどで締めてあげましょう!

※パッキンを挟んでいるので無理な締めすぎにも注意です。

また、純正の蛇口を外した時に出現する穴ですが、気になる人は初めに埋めておくといいですね!

当初は家にあった壁の穴埋め材で埋めました!

プレート交換・取り付け

ジャグのプレートが何もないと穴が見えたままになってしまうので、黒いプラスチック板をカットして取り付けていました!

制作費100円!笑

100円ショップのプラスチックケースの天板を拝借して作りました!笑

最近ではネットなどで販売もされているので、こちらを購入されるのもアリかと思います!

ロゴを塗装

スタンレーウォータージャグのロゴ塗装

ロゴを塗装と言っても高度な塗装技術もないので、シルバーのペンでロゴを塗っていました!

油性ペンであればどんなものでも良いと思います!

禿げたら塗って、禿げたら塗ってとしていました!笑

ジャグスタンドにステップ台を採用!

スタンレーウォータージャグの台

こちらのステップ台とバケツを使っておりました!!!

このセット結構お気に入りでした!

と、以前はオプションパーツも少なく、こんな感じでプチカスタムをしていました!

最新版ではお金をしっかりかけてフルカスタムです!笑

1:SLOW PRODUCTS(ワンスロープロダクツ)に塗装依頼

1:SLOW PRODUCTS powered by BASE
キャンプで使える物、自分が使いたいと思ったものを販売しています。

スケボーのデッキでお世話になった1:SLOW PRODUCTS(ワンスロープロダクツ)さんへ塗装を依頼いたしました!

▼かっこいいミルデッキが欲しい方はこちらも合わせてどうぞ!

バリスティックスSBS KIT!好みのデッキでかっこいいテーブルが完成!
今回ご紹介するのはBALLISTICS(バリスティックス)さんのSBS KIT! SBSはスケートボードスツールの略ですね! りゅう それではご紹介します! ...

スタンレーのウォータージャグはブラックのチッピングで依頼!

これがめちゃかっこよく仕上がりました!!!涙

ご協力いただき塗装過程の写真を撮っていただいたので簡単に説明させていただきます!

塗装しない部分をマスキング・穴埋め

マスキング・穴埋め

まず初めは塗装しない部分をマスキングテープで隠していきます!

コック部分も分解して、例の穴を埋めます!

表面をひたすら擦っていきます!(研磨)

研磨作業

自分は塗装があまり上手くないですが、この下地を作る作業がとても大事らしいですね!

埋めた穴の部分も一緒に擦って塗装時になるべく滑らかになるようにゴシゴシ…

空気穴の部分も塗装する場合は忘れずに擦っていきましょう!

脱脂をしたらいよいよ塗装!

脱脂作業・塗装

脱脂をして、油分を取り除いたらいよいよ塗装です!

1度目は軽く塗り、乾燥させます。

2度目はしっかりと塗り、再度乾燥。

3度目もしっかりと塗り、よく乾燥させる。

塗装完成!

スタンレージャグ塗装完了

めちゃくちゃかっこよくなりました!!!

自分で塗装なんでできないよと言う方は1:SLOW PRODUCTS(ワンスロープロダクツ)さんのインスタグラムよりDMにて受け付けてくださるので、ご連絡してみてください!

「RYUCAMPをみた」でスムーズに対応してくださるかと思います!

1:SLOW PRODUCTSのInstagramはこちら

アシモクラフツのプレート(a_plate)を取り付け

アシモクラフツのプレートa_plate

前回の制作費100円のプレートから大躍進を果たし、アシモクラフツ(asimocrafts)さんのa_plateを採用!

https://www.asimocrafts.store/product-page/a-plate

コック部分は前回同様。

a_plate説明書

パッキンなどの説明は付属の説明書にきちんと記載されているので安心してください!

アシモクラフツa_plate

あらやだ、かっこいい。

水漏れなどの確認は事前にしておきましょう!

アシモクラフツa_plate

だんだんとかっこよくなってきましたね!!!!

残るはグリップです!!!

グリップにアシモクラフツのasigrip_st

アシモクラフツasigrip_st

グリップにはこちらもまたアシモクラフツ(asimocrafts)さんのasigrip_stをチョイス!

執筆時現在、予約商品となっており自分の場合は約2ヶ月ほどで届きました!

asigrip_st 予約商品 | asimocrafts
予約販売についてこちらを必ずお読みください ※注意事項をお読みください サイズ:3cm×4cm×19.5cm材料:スチール(黒メッキ加工)・楢 ジャグの交換用グリップです。あくまで持ち易く、満タンに入れて持つとき痛くないasigrip付きです。 交換用のネジも付属してます。

ネジを外して取り付けるだけなので、とても簡単!
ネジが少し締めづらいかもしれませんが、頑張ってください!

asigrip_stはミツロウやWAXなどを塗ってあげてもOKです!

フルカスタム完成!

スタンレーウォータージャグ完成

と最後は1:SLOW PRODUCTSさんに撮っていただいた写真ですが、全く同じカスタムアイテムを持っていました!笑

LFE MULTI STOOLの上に置いた写真がかっこよすぎたのでお借りいたしました!

1:SLOW PRODUCTSさんではブラックのチッピングの他にもサンドカラーなども対応可能です!

費用などはカラーなどにもよるのでInstagramからお問い合わせください!

「RYUCAMPを見た」と言っていただくとスムーズです!

1:SLOW PRODUCTSのInstagramはこちら

まとめ

スタンレージャグフルカスタム

今回ご紹介したカスタムなどは全て自己責任で行ってください!

塗装などは特に注意してください!

今回ご紹介したアイテムの他にLOCKFIELD EQUIPMENTさんのグリップ(STANLEY WJLH)なども悩みました!

他にもBONFIRE GO OUTSIDEのグリップやstj_wrapなども欲しかったのですが、全然手に入らないので諦め…笑

stj_wrapは再販の機会があればGETしたいと思ってます!

カスタムの参考になれば幸いです!

では!

▼3.8L

▼7.5L

▼7.5Lホワイト