ガイロープってどれがいいの?太さや長さは?オススメ5選!

キャンプギア
スポンサーリンク

今日はガイロープについてです!

私も昔はガイロープ何度なんでも同じじゃないかと思ってました。

しかし、お金をかけるとぐんと作業効率や、耐風性がアップするかも!!!

太さは何mmがいいの?

結論から言うと4mmか5mmを選べば間違いありません。

5mmはなかなか太いです。
そしてかさばります。

もちろん耐久性はぐんと高いですが、一般的なタープなどに使う場合は4mmでも十分です!

長さは?

長さは結論から言うと4m!

もちろん用途によってバラバラですが、タープに使うのであれば4mくらいでも足りるかと思います。

ちょっと詳しく解説してみましょう。

例①2mのポールに45度でガイロープを張る

最低でも2.8mですが、輪っかを作ったりしないといけないので、最低3mくらいになります。

自在金具でテンションをかけるための折り返し分をプラスして4mです!

例②2mのポールに30度でガイロープを張る

この角度で張ることはまずないですが、このパターンだと最低4mなので、5mくらいは欲しいところです。

例③2.5mのポールに45度でガイロープを張る

輪っかを作ったりを考えると最低4mなので、メインポールが250cmくらいある方は、5mあるといいです!

長い分には短く使うことができますので、5mでもいいかもしれません。

ご自分のポールの長さに合わせて選んでみてください!

30mなど1巻で売っているものの方がご自分で長さを調節できるのでオススメ!
心配な方は、実際に張った時に作ると失敗がありませんね!

テントなどのガイロープはものによって様々なので、最初についてきたロープに合わせて作るか、実際に張った時に作るといいです!

オススメのガイロープ5選!


太さ・長さには注意してください!


商品名か商品画像のリンクで商品ページに飛べます!

テンマクデザインのガイロープは私が一番愛用しています!
太さ4.5mmでちょうどいい太さだと思っています!

主に5mと4mの長さで何本か作って使っています!

オススメしないロープ

ガイロープの何でもいいわけではなく、見抜く必要があります…
私の経験でオススメしないものをお話ししておきます。

パラコードは滑る

まずパラコードはあまりオススメしません。
表面が滑りやすく、自在金具がうまく噛まずに強いテンションをかけることができません…

自在金具を工夫すればテンションをかけることができますが、よくわかっていない方ならひとまず避けておいたほうがいいと思います。

5mmと書いてあっても結構細く感じるのはガイロープに多いです…

色だけで選ぶな!安物はほつれが多い

次に安物のガイロープですが、安いと作りが雑なことが多く、ほつれが多くて、編み方がゆるいことが多いです。
お金をかければいいってもんでもないですし、安物でもしっかりしたものもございます。

買ってみないと分からなかったりしますので、ネットで買う時にはレビューなどをしっかり参考にしていただければと思います!

私が昔買ったキャプテンスタッグとロゴスの安い20m30mなどで売っているものは全部ダメでした…

皆さんにはなるべく失敗して欲しくないので、共有しておきます。

まとめ

当たりハズレはあるかと思いますが、レビューなどを読んで、作るのいいものを選んでください!

色だけで飛びつかないようにご注意を!!!

よかったら転倒防止などロープ関係のこちらの記事も読んでみてください!

ガイロープの転倒防止におすすめライト3種!
こんにちは。 GW前半は陣馬形山キャンプ場に行ってまいりました。 今回の記事も書けたらいいなと思っております。 さてこの記事では夜にガイロープでつまづくなんてことは誰もが一度は経験したことがあると思います。 ...
キャンプで超絶便利なロープフック!引っ掛け坊主!?
こんにちは。 毛虫にやられて3日目。 非常に痒いです笑 今回は、りゅうちぇるが今までにたくさんのものを買ってきましたが、どんなに荷物を減らそうと持っていく、小物をご紹介! その名も... 名前が明確じゃないんで...

自在金具はこちら!

自在金具(ロープテンショナー)の選び方は?オススメは?
こんにちは! さて今日は。 キャンパー 自在金具ってどんなの選べばいいの? 良いう質問に答えていきたいと思います! 自在金具の種類について Triwonder アルミ 自在金具...

では!

コメント